和智 右桂氏が取締役に就任しました

4か月前
中の人
中の人

グロース・アーキテクチャ&チームス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:鈴木雄介、以下:当社)は、2021年4月1日付で和智 右桂(わち ゆうけい)氏が取締役に就任したことをお知らせいたします。

和智氏は、事業会社において開発プロセスの標準化やアーキテクチャ設計、大規模システム開発のマネジメントなどに従事する一方、『エリック・エヴァンスのドメイン駆動設計』、『継続的デリバリー』、『組織パターン』などの翻訳者としても知られています。特にドメイン駆動設計(以下:DDD)についての深い知見を有し、翔泳社のDDD Boot Campの講師も勤めています。

当社は、エンタープライズ領域におけるアジャイル開発とマイクロサービス化の導入および実現に注力をしていますが、特にマイクロサービス化においてDDDを用いた分析および設計が非常に有効です。

和智氏の参画によって、当社のサービスが一層強化されるものと確信しています。また、和智氏が代表取締役社長を努める株式会社フルストリームソリューションズ(本社:東京都新宿区)との協業により、より幅広い業種業態へのサービス展開をしてまいります。

和智 右桂 氏 略歴

1978年東京都生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程を単位取得退学後、ソフトハウスに入社。その後、株式会社野村総合研究所、グロースエクスパートナーズ株式会社、エンタテインメント総合商社の情報システム部を経て、株式会社フルストリームソリューションズを設立。これまでの開発プロセスの標準化やアーキテクチャ設計、大規模システム開発のマネジメントといった経験を活かし、企業文化に寄り添ってIT戦略の立案から運用の実現までを支援するサービスを事業会社様向けに展開している。

ソフトウェア開発に関する技術書を複数翻訳。主な訳書に『エリック・エヴァンスのドメイン駆動設計』(翔泳社、2011年)、『継続的デリバリー』(KADOKAWA、2017年)、『組織パターン』(翔泳社、2013年)がある。また、著作に『スモール・リーダーシップ チームを育てながらゴールに導く「協調型」リーダー』(翔泳社、2017)がある。

就任挨拶

この度、グロース・アーキテクチャ&チームス株式会社の取締役に就任いたしました、和智と申します。この場をお借りして、皆様に謹んでご挨拶を申し上げます。

Graatは、優れた技術を提供するだけでなく、お客様の事業に共感し尊重しながらチームの力を引き出すサービスを提供しています。私自身はこれまでSIerと事業会社という両方の立場を経験してきましたが、それを活かしてGraatを通じてお客様に貢献したいと考えています。また、代表の鈴木氏は昔から尊敬しているアーキテクトで、私がグロースエクスパートナーズ株式会社に在籍していたときには、仕事に留まらず一緒にカンファレンスに登壇したりもしていました。再び一緒に仕事ができることになり、心から嬉しく思っています。

専心努力して参りますので、今後ともご指導ご高配を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

当社代表 鈴木雄介より

弊社は<社会を支え続ける企業が持つ「IT」と「チーム」の力を引き出し「デジタル変革」を推進することでしなやかな社会を実現する>というミッションを掲げ、エンタープライズ領域の企業に対するDX支援サービスをおこなっています。

和智氏は、技術的に優れたアーキテクトであるだけではなく、設計手法や組織論にも通じており、まさに弊社のミッションを達成するために必要なスキルを有している人物です。今回の取締役就任を通じて、弊社の力になってくれるものと思います。

翻訳記事:エンタープライズ アプリでReactを選択したら解雇されそうになった話Atlassian Cloud「今週の新機能」をさわってみました (14)
SHARE