クラウドシフト支援

クラウドによって
システムを進化させる

基幹システムをクラウド上で稼働するメリットを最大化するのは、単純なリフト(持ち上げ)だけではなく、シフト(移し替え)が必要になります。Graatのクラウドシフト支援は、既存システムの最適なクラウドシフトを実現します。

企業が抱える課題

  • クラウドへのリフトは成功しても、シフトをどう進めて良いかがわからない
  • 既存システムをどのように作り替えるべきかわからない
  • クラウドのさまざまなサービスのどれが適しているのかわからない

Graatの提案

Graat’s Insight
既存システムをユースケースから分析することで、より最適なシステム分割方針を策定する
よくある
失敗
既存システムの構造を見直すことなく、巨大なモノリスのまま移行しようとしたり、単純な3層構造(UI/ロジック/DBアクセス)を分割しようしたりしてしまう
Graatは
こうする
既存システムの構造を把握した上で、ユースケースベースで機能間の関係性を整理することで、より適切なサービス分割を行います
Graat’s Insight
クラウドのサーバレスやマネージドサービスを前提としながらPoCを行い、最適なアーキテクチャを導く
よくある
失敗
既存のサーバとアプリケーションの概念から抜け出せず、IaaSベースで設計を行ってします。あるいは、すべてサーバレス(特にFaaS)やNoSQLだけで実現しようとしてしまう
Graatは
こうする
既存システムの分析を通じて機能の非機能特性を把握し、それぞれにあったクラウドサービスを選択。PoCを行いながら、最適なものを剪定し、アーキテクチャに反映させます

Graatの進め方

CASE 01
画像生成&配信サービス
    オンプレミス環境で構築されていた画像生成と画像配信サービスをAzure上にシフト
  • 画像生成のバッチ処理をコンテナ化し、バッチサーバレスを実現。データベースをバッチ中のみスケールアップすることで処理の高速化に成功
  • 画像配信サービスはAzure Functionsによってスケールアウト型に移行。画像配信の認証方式を作り替えることで性能を向上させた
  • 生成された画像をBLOBサービスでホスト。コストを最適化するとともに、BLOBサービスのアカウント単位で世代管理することで不要になった世代の破棄をアカウントの切り離しによって実現
CASE 02
商品情報配信サービス
    オンプレミスで稼働している商品情報配信サービスをAWS上に移植
  • 基幹システムから受信した数千万件の複数ファイルの加工処理をAmazon Athenaで実現。月額数百円で処理を可能に
  • コンテナサーバレス環境を前提に配信サーバを構築し、商品情報を組み込み型キーバリューDBにキャッシュすることでミリ秒でのターンアラウンドを実現
  • キャッシュデータはバッチサーバレス環境で生成し、S3上にホスト。コストが最適化され、日次の全件ファイルの切り替えを実現
CASE 03
認証&権限管理&文書管理サービス
    オンプレミスにあった文書管理サービスをクラウドシフト。さらに権限管理機構を見直すことでセキュリティを向上させながら高速化を実現
  • テラバイト級の文書管理サービスを、それぞれバイナリデータをBLOB上に、メタデータをRDBに、メタデータの検索を検索エンジンに移行することで最適化
  • 認証はOpenID Connectに統一、構築コストの最適化のためにOSSを採用し、IaaS上に構築
  • 権限管理システムをAPIサーバ化し、ソースシステムからの情報を受け取り、非同期に検索エンジンに反映
CASE 04
ヘルスケアシステム
    パッケージシステムのヘルスケアシステムをマルチテナント型のクラウドサービスに移行
  • 全国数百拠点に展開されているパッケージシステムをマルチテナント型のクラウドサービスに移行することで保守性の向上とクラウドならではの他システム連携を実現
  • コア機能と周辺機能でサービス分割を行うことで、将来的な変更に対応できるように構成
  • 印刷や帳票フォーマット設定といった機能はWindowsのネイティブアプリケーションを開発し、クラウド連携を行うことでセキュリティと操作性を維持しながらクラウドサービス化した

支援プログラム

マイクロサービス導入セミナー

マイクロサービスの概念や手法についての説明に加え、エンタープライズにおける導入についての課題や解決策などを考えるセミナーです。

マイクロサービス化ワークショップ

既存システム構成を分析し、マイクロサービス化を進めていくためのプロセスをチームで検討するためのワークショップです。

事例紹介

準備中