Atlassian Cloud「今週の新機能」をさわってみました (14)

アトラシアンAtlassian Cloud「今週の新機能」をさわってみました

「Atlassian Cloud」の毎週公開されるリリース情報ブログの中から「新機能」を取り上げて実際にさわってみるシリーズです。(Standardプランのみ取り上げています。)

シリーズの他の回は、こちらから閲覧できます。

今回は、「Atlassian Cloud の変更 - 2021 年 2 月 22 日 ~ 3 月 1 日」より紹介します。

Jira Software

■今週の新機能:次世代: 時間での見積もり

さわってみました

「プロジェクト設定」から「課題タイプ」を開き、画面右の「フィールド」パネルに表示されるようですが、当環境には表示されていないのでまだロールアウトされていないようです。

次世代プロジェクトではこれまでStory Pointによる見積もりだけでしたが、時間での見積もりも可能になるのは便利ですね。

当環境の「フィールド」パネルには「初期見積もり」は表示されていない
当環境の「フィールド」パネルには「初期見積もり」は表示されていない

■今週の新機能:クラシック プロジェクトでリフレッシュをクリックしてボードを素早く更新

さわってみました

他の人がボード上の課題のステータスを変更したり、課題を追加した時などに画面右上に「このボードは更新されました」メッセージが表示されます。メッセージ内の「更新」をクリックすると、ページ全体を読み込むことなく課題が表示されている部分のみが再読み込みされます。

確かに「更新」を押した際に、以前より処理が早くなりました。

検索の「+詳細 」プルダウン
画面右上のメッセージ内の「更新」を押す

今回は以上です。

ご質問、ご意見などありましたら、以下からお気軽にお寄せください。